食生活の欧米化で日本人に迫る危機|肝臓がんを治療して健康体に近づきましょう

笑顔のナース

福祉サービスと併用

ナース

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

もっと詳しく

目には見えない症状

看護師

女性に多い疾患

自律神経失調症の多くはストレスがきっかけでおきる病気です。発症する年齢の幅が広く、ストレスを回避出来ない場合に体に起きる症状となっています。この病気は他の人には見えない症状が多く、発症に気付かないことも珍しくはありません。この状態を軽くしたり解決するには病院で先ずは診察を受けて医師の治療方針通りにこなしていく事で解決できるのです。自律神経失調症は、頭痛や吐き気など風邪と似たような症状を引き起こしてしまいがちです。こういった症状が現れた場合には、真っ先に病院に出向くようにしましょう。自律神経失調症の症状は精神科など心の病を扱う病院が專門となっていますが、頭痛や吐き気などの症状は他の病院でも十分和らげることが可能です。

こじらせないうちに

自律神経失調症は気のせいだからとそのままにしてしまうと回復が遅れます。この様にならないように自覚症状が起きた時点ですぐに病院に行く事が大切です。感情表現の表し方が苦手な人が起きやすい病気なのです。胃腸障害を起こした時は消化器内科で検査を受けます。動悸息切れや胸の痛みが強い時は循環器内科で診察が必要になるのです。時には頭痛が起きたりします。また体重の激減が起きる場合があります。自律神経失調症だからと思っていると違う体の疾患の時があるのです。心療内科や精神科に行く前に先ずは一般診療科目に受診して異常がない場合は特別診療科目で診察を受けるという流れは出来ているのです。医療機関の紹介する病院で治療を受ける事になるのです。

肝臓にも注意

内臓の中には、状態が悪化しているのにも関わらず自覚症状のないものがあります。肝臓は、肝臓がんになっていたとしても自覚症状がないことが多いものなのです。もし、少しでも違和感など、自分の体調の変化に気がついたら一度病院で検査を受けるようにしましょう。肝臓がんは早期の発見が大切なのです。

危険因子はたくさん

病棟

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

もっと詳しく

体に異常を感じたら病院へ

案内

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

もっと詳しく